以前フェイスブックにも少し書きましたが、多少近況を。と言っても、あまり具体的に書けないことが多いのですが……

一番大きなことは私的なことでトラブルが有り、またそれがすぐには解決出来ない、更に自分から関与できないという状態でした(これは現在も続いてますが、今は表面化はしてません)。
これが結構なストレスで、更に仕事が最も忙しくなる時期だという事もあり、かなりきつい時期が続きました。
更にそれ以外にも結構色々とありまして。まあ、それらはまだ一つ一つは大事ではなかったんですけど。
そして、これらが直接の原因かはわかりませんが(ただ少なくとも要因の一つではあると思う)、久しぶりに「無気力な状態」になってしまいました。

私自身かなり怠惰な面があるのですが、この無気力な状態というのは、ちょっと怠惰とは違う状態です。
そもそも、無気力という表現もあまりしっくりこないのですが、これ以外に適当な表現が無いもので……

この状態に陥ることはあまりないのですが、まあそれでも数年に一度はやってきます。
どんな行動を起こすにせよ、単に怠けてる状態なら踏ん切りをつけて動き出してしまえば後は大丈夫なんですが、こうなってしまうと、行動を起こすこと自体がマイナスに作用してしまうんですね。
何かやろうにも中々気力がわかない、でもそれに対する焦りというか切迫感はあり、何とか行動を起こすと状態を悪化させるという悪循環。
またこうなるともうひとつ厄介なのが、人と接するのにかなり労力を要するということ。仕事で接するのはまだ大丈夫なんですがね。

これまで何回か経験して得た教訓は、この状態になるととにかく「何とかしようとする」ことはやめること。
日々の生活はとにかくルーティンに流されるに任せる、体力的に疲れること(特にスポーツの類)は行わない、仕事以外で人と接する機会、特に飲み会等の「騒ぐ場」は極力避けるといった感じ。
要は、ひたすら引きこもってこの状態が収まるのを待つしか無いという事です。

ただ、これまでは大学時代や就職浪人中にこの状態になったのでまだ良かったんですが、就職してからは初。
さすがに仕事を休むわけには行かず、更に間が悪いことに繁忙期ということも相まって、抜け出すのにかなり時間がかかりました。
以前は2週間から長くても1ヶ月かからずに最悪の状態からは抜け出せたんですが、今回は2ヶ月以上かかりました。
抜け出すといっても当然いきなり回復するわけもなく、徐々にしか復調して行かないので、平常に近い状態に戻すのにはトータルで3ヶ月位かかってます。
5月の下旬くらいにはほぼ普段通りまで戻せたので、最近ようやく色々と行動を再開できています。
今年はこれまでにも増してやりたい事、やらなければいけないことが多く、この期間さえなければ今頃はどれだけ進んでいたことかとは思いますが、まあそれは言ってもしかたのないこと。恐らく今年最初の計画で手が回らない部分が多々出てくるでしょうが、それぞれの優先度をきっちり計って取り組んでいきたいですね。