最近はwhirlとswirlを中心に練習している。
今日は、whirlでかなり大きな改善があった。というか、これまでのやり方が酷すぎることに今更気がついた。
きっかけは、久しぶりに動画とってフォーム確認しようとしたことだけど、やっぱり動画でチェックするのは大事。
これからも、定期的に動画を撮りながら練習しよう。

さて、先に書いたwhirlの改善は、主にデックスのフォームの改善。
これまでフリップのwhirlや両サイドのblenderが安定しなかったのは、全て同じ理由だった事が判明した。
これまでのフォームは、あまり膝が高く上がらず、体の後ろでデックスしようとしていた。
更に、それだとあまり高い場所でデックス出来ないので、股関節を外転させて高さを稼ごうとしていた。
そうなると今度はデックス場所が体から遠くなり、ストール足が届かなかったり体制が崩れたりする。
また、仮に成功したとしてもそこから次の技に移りにくく(デックス場所が体から遠くなるので当然)、特にsteppingに移るのはきつい。

改善後のフォームは、膝をある程度上げ、股関節は外転させず、体の横でデックするようにした。
意識としては、軸足(後のストール足)の踵よりもデックス足の踵が後ろに行かないことに気をつけている。
現在、体が動くべきラインの意識ができつつあるので、これを無意識に現在のフォームで動けるようにしたい。

この改善により、whirl関連の技は全て恩恵を受けられるので、広範囲かつ大幅な進歩が見込めると思っている。
今日試しただけでも、blender関連、whirling swirl、whirr、blazing、ducking whirlで大きな変化を感じられた。
特にblenderはこれまでかなり苦手にしていたのだが、大幅に改善しそうである。
今の感覚をまずはものにし、更にそれをベースにしてより高次の動きを得られるようにしたい。