私はLYNX STUDIO TECHNOLOGY社のHILOというDACを使っています。このDAC、日本語で書かれてる情報がWEB上に殆どありません。
そんな中、本日ちょっとしたエラーに遭遇し、解決したのでその覚書をば。

エラーの症状:
本体後面の主電源をオフにし、ある程度の時間が経過した後に電源をONにすると、起動時に英語で「タッチスクリーンを動作させるためにキャリブレーションを行ってください」と表示される(うろ覚えでしたが多分こんな感じの内容だったかと)。キャリブレーションを行ってレベルメータが表示されても、タッチスクリーンが効かなくなっている。

原因:
起動時のキャリブレーションでミスしたため、タッチスクリーンが正常に動作しなくなっている。

対処法:
本体後面のスイッチで主電源をオフにする。その後、本体前面の電源ボタンを押した状態で後面の主電源をオンにする(改めてキャリブレーションの画面が表示されるまで前面の電源ボタンは押したまま)。その後、表示されるとおりにタッチし正常にキャリブレーションを行う(左上隅、右上隅、右下隅、左下隅の4箇所)。

どうやら、後面の主電源をオフにし、一定の時間がたつとリセットがかかる場合があるようです。そうなると、ルーティングも全部初期化されてるのでやり直しましょう。

なお、今回の私の場合の原因は、キャリブレーションを行う際に左上隅をタップした後は右上隅をタップしなければいけないのですが、左上隅でダブルタップしてしまい右上隅を正常にタップできなかったため、タッチスクリーンが作動しなくなった模様。情報を得たのは海外のサポートフォーラム。「HILO Touch Screen Stop Working」というタイトルでスレッドがたっています。
まあ、この機種自体使っている人は少ないかと思いますが、もし同様の症状に遭遇したという奇遇な方がいらっしゃったら、参考にしてください。