BLOG
  • HOME »
  • BLOG »
  • フットバッグブログ

フットバッグブログ

48.力感が動きを阻害する

 力感に頼って動いていると、単に大きな力を出せないだけでなく、目的の動きを阻害する事すらあります。  筋肉は、基本的に力を発揮する方向が決まっています。ですので、ある筋肉が関われる部位の動作方向は当然決まっています。動く …

47.予測能力について

 先の目の前の事に集中するという事に関連して、今回は予測する能力についてちょっと書いておきます。  フットバッグは直接人と対戦する(お互いのプレーが相互に直接影響を及ぼす)スポーツではないのであまり気にしない人も居るかも …

46.動作が楽にできるということ

 人によってはかなり反発を受けることがあるのですが、私は得られる結果が同じなら「楽であればあるほど良い」と考えています。但し、「楽であるほど良い」ですが決して怠けて動いてはいけません。得られる結果が低い物になってしまうか …

45.ただ目の前のことに集中する

 人が高いレベルを目指して練習をするときに、様々に必要な姿勢(≒習慣)が有ります。それらのいくつかについてはこれまで触れてきましたが、今回は目の前のことに集中する大切さについて述べようと思います。  と言っても、これを人 …

44.良い技術の判断基準

 自分が技術を習得するとき、あるいは人の技術を参考にするとき、技術についての良し悪しが判断できなければなりません。しかし、自分がいまだ習得していないトリックや習得したばかりのトリックについての技術を判断する際には、当然正 …

43.成功体験と失敗体験

 ここまで様々な点でバランスが大事であるという事を繰り返し述べてきました。基本的に、極端に何かに偏らせた方が高い効果が見込める分野というものは少なく、多くの場合において中庸であることが良い結果を生みます。  それは、失敗 …

42.技術の発達過程について

 技術を身に着けていく過程で、どのような変遷をたどるでしょうか。  おそらく厳密な規定はなく、人によって意見が分かれるところもあるでしょうが、私は下記のように分けています。 1.動き方について全く理解できていない状態(想 …

41.動画紹介 Jorden Moir編

特徴:phasing gyro、flux、grifter等を始めとするトリックの多彩さ、身体使いの上手さ  個人的に、体の使い方の上手さという面においては、Jorden Moirが最も優れていると感じます。多種の変わった …

40.理想と現実

 どんなにリスクを取ったり困難に挑んだとしても、結局どこかで妥協せざるを得ないではあります。それは生物学的な限界が有ったり、あるいは道具の性能の限界が有ったりと様々な点で限界があるためです。極論を言えば、どんなに努力して …

39.参考動画 David Clavens編

主な技術系統:dlo、drifter、blazing、barraging  dloとdrifterについてはやはりDavid Clavensが一番参考になるのではないかと思います。様々なデックス系のセットとの組み合わせも …

Copyright © Take It Easy All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.